MENU
\ Amazon 新生活SALE開催中!! /

【宿泊記】東京エディション虎ノ門(EDITION)に泊まってみた

東京エディション 虎ノ門

皆さん、「東京エディション虎ノ門」をご存知ですか?

現在開発が進んでいる虎ノ門エリアに2020年オープンしたラグジュアリーホテルです。

以前、ステイケーションをしに宿泊してきたので、「東京エディション虎ノ門」についてご紹介します。

目次

ホテルについて

東京エディション虎ノ門

2020年10月にオープンしたホテルになります。マリオットグループのホテルの1つで、EDITIONブランドとして日本初上陸です。

世界的建築家で国立競技場や高輪ゲートウェイ駅のデザインも手がけた隈研吾が客室のデザインに携わっているそうです。ホテル内の様々なところに木材が使用されており、和テイストのデザインも織り交ぜられていました。エレベーターから降りると、観葉植物など緑が多くリゾートのような雰囲気が感じられます。

チェックイン開始の15時に着いたのでやや混んでいたので、ソファーに通され少しだけ待つことになりました。ラウンジでのご案内からラグジュアリーホテルとしてホスピタリティの高さが伺えました。

基本情報

チェックイン時間 15:00 ~
チェックアウト時間 ~ 12:00
朝食(The Blue Room) 7:00 ~ 10:30

アクセス

東京ワールドゲート内31~36階

東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より地下道にて直結
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩約9分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次